工事実績

工事名称 新南駒栄ポンプ場築造工事
工事場所 兵庫県神戸市長田区
元請け 新井組・淡路土建特定建設工事共同体
工法 全周回転工法(置き換え)工
概要 地中障害撤去 φ2000mm h=11.0m 約20本


■全周回転工法(改良土投入置き換え)工

新南駒栄ポンプ場の築造工事の仮設山留め工事の先行削孔として障害部の撤去を行った。
新設山留めの壁体の有効精度と障害物の推定から径2000による均等ピッチ削孔で障害物を撤去する事とした。

全周回転装置 SRD2000 
相判クローラークレーン BM900HD
相判バックホー ZX200 0.7m3式

φ2000 L=11.0m削孔

■杭芯セット

削孔杭芯に定規鉄板をセットし、全周装置をセットする。

■設置段取り

定規城にセットした全周装置にカウンタウエイト用に反力装置をセットする。
クローラーによるクラム堀の準備を行う。

 

 

■障害掘削

ケーシング内を掘削し、所定の深度までの間の障害を撤去する。
障害物を撤去し集積しておく。

 

■撤去物確認

埋め立ての際に利用した捨て石なのか目的は分からないものの写真に有るような間知石が上がってきた。集積し別途処分として搬出。
かなり硬質の石であった。