工事実績

工事名称 トランテックス解体工事
工事場所 大阪市西淀川区
元請け 野村建設工業株式会社
工法 既存杭撤去工 OK工法
概要 φ400mm L=22.0m(+ヤットコ0.5m) 28本


■機械組立状況(全景)

相判クレーン45tにより揚重・組立相判をする。
写真はリーダー組立状況。

三点式杭打ち機 DH608-120M
電動式オーガ SMD150HP
OK工法用特殊ケーシング
相判バックホー EX135US

■杭頭頭出し

相判バックホーにより杭頭を確認します。
フーチングに数本口で設計されている杭の場合は、このように集まります。

■削孔状況

近隣境界に飛散防止対策を頂削孔しています。所定深度までの削孔が終われば引き抜き工程へ移ります。

 

■引抜削撤去

既製杭を引抜ケーシングから撤去します。
φ400の杭でしたが打設年度か材強からか杭の強度が弱く非常にわれやすい脆い状態でした。ケーシング先端から大割機により杭を撤去します。

 

■撤去杭杭頭確認・集積状況

 

撤去した既製杭φ400の杭頭を確認し集積。
その後小割処分とするため集積します。

■コンガラ処分積み込み状況

既製杭φ400の杭を小割し運搬処分の許可業者を通じて最終処分場へ運搬します。ここでは小割後の積み込み状況です。