工事実績

工事名称 豊洲新市場(仮称)
水産卸売場ほか建設工事(その2)
工事場所 東京都(江東区)
元請け 大成建設JV
工法 地中障害撤去工事(ロックオーガ工法、全周旋回オールケーシング工法)
概要 φ1300 4.0~10.0m 他


■杭芯セット状況

東京都江東区豊洲で豊洲新市場(仮称)水産卸売場の地中障害撤去を行いました。

図面どおりの杭芯を確認し、あらかじめマーキングしておいた目印に合わせて杭芯をセットします。

三点式杭打ち機 DH658-135M AKオーガ D150H-P CAM160VD

全周回転掘削機 RT-200H 相判クローラークレーン BM-900

バックホー 0.7㎥級

■削孔前ケーシング建て込み状況

杭芯にあわせRTー200Hをセットし終えたら、ケーシングをBM900で吊り上げ建て込みます。

杭芯に円形定規をセットしてファーストケーシングのエッジと定規が合致するように正確に据え付けます。

機械の水平垂直に対しては水準器を用い、アウトリガーにて調整します。

■DH658探り掘り状況近景

既存杭の杭芯が地盤改良後のGLより下にあるケースはDH658にて新規杭打ち予定地の障害を取り除きます。

作業区域をロープとカラーコーンで区切り、立ち入り禁止区域をしっかりとわかりやすくしています。

■DH658探り掘り状況遠景

ケーシングの鉛直度がわかりやすい写真になっています。

■RT-200H障害撤去状況

ケーシングを押し込み壁体部をカットし終わるとグラブハンマーにて側土砂を削孔していきます。

■既存杭(PC杭)撤去状況

杭周辺のフリクションカットの後ハンマーグラブを用いて既存杭を引き抜き撤去します。

杭の形状がわかることから、しっかりとフリクションカットされている事がわかります。

■DH658探り掘り完了状況

ケーシングに直接メモリを入れることにより、正しい掘削長が容易に確認できます。

■バックホーによる埋戻し状況

掘削発生土は、残土と撤去杭体を分別し杭体はコンクリートガラとして集積し、残土は埋戻し材料として、再利用します。

不足土を受け取り掘削土とともに固化材を投入攪拌の後、バックホーにて削孔内に埋め戻し土として投入します。

■障害撤去後バックホーによる整地状況

全周回転掘削機のセットを移動した後、施工していた部分の地表面を整地、埋戻しを実施します。