工事実績

工事名称 藤田庁舎解体撤去その他工事
工事場所 岡山県
元請け 藤亜建設株式会社
工法 先端強制チャッキング工法 OK工法
概要 既存杭撤去工法 φ300/350/400 L=19.0m 人工盛土+空堀2m 約60本  内8本はヤットコ4mの測量引抜


■早朝の機械搬入と機械組立

既存杭の撤去のため早朝に機械を搬入。
搬入直後の朝焼けが機械の正面から上がってくる。
施工ヤードは地権者への土地返還が義務付けられ地盤改良が出来ないため砕石盛り土による人工地盤を形成。杭打ち機をこの地盤場で組みばらしを行い杭を抜く。

相判クレーンを使用し三点式杭打ち機を組み立てる。
元請けの作成した人工地盤場ので作業になるが、地耐力もしっかりしており安定した施工地盤として作業が出来た。

DH658-135m SMD240H
相判バックホー コベルコ135SR 0.45m3式

■機械配置計画

現位置確認のうえ施工計画を作成します。
実際には位置可能かどうかは、現場との綿密な調整が必要ですが、計画に基づき杭を撤去いたします。

■既存杭引抜状況

杭の径、種類が多いため施工時には杭径を考えながら施工を行った。
特に浄化槽の杭は、杭頭が深く水位が高い上に杭の位置確認が出来なかったが。旧施工図面の座標に従い掘削を行ったところ精度良く打設されていたこともあり問題なく引抜が完了できた。

■撤去杭先端状況

既存杭は、杭径が3種あったが杭先端形状は2種類だった。
写真は、先端ペンシル杭のもの。

解放杭はプレボーリング根固め工法で施工されていたため杭周にモルタル分が付着した球根状になっていた。