工事実績

工事名称 日本ノボパン工業㈱バイオリサイクル設備の設置事業
工事場所 大阪府堺市築港南町4番地2の一部
元請け 株式会社 大林組
工法 ヒルストーン(砂置き換え)工法
概要 PHC杭及び仮設山留め施工部の先行削孔(地中障害破砕)工事 φ800 L=8.0~10.0m 約90本


■機械検査

機械組立前に規程の機械検査を受け現場での作業に安全であるか、ワイヤーの交換時期は問題ないかなどの検査を受け安全確認の上機械を組み立てた。
機械点検により確実な機械点検を受け工事中の安全施工に努めました。

■ヒルストーン砂置き換え状況

近隣工場側へ向かって風が吹くため道路側への養生を実施の上施工を行った。

ヒルストーン機は削孔ケーシングとスクリューを個別のオーガで回すことが出来る特徴を持っており障害に応じたトルクで破砕が出来る。

φ800 L=15mのセットで施工に望んだ。

■杭芯セット

測量点から逃げを設け杭芯ズレの生じないように2方向から位置を確認し、修正しつつ施工を行った。
鉛直精度は機械リーダーの傾斜計を使用し振れ止めによりブレを押さえて施工した。

 

 

 

 

■施工状況

測量点から逃げを設け杭芯ズレの生じないように2方向から位置を確認し、修正しつつ施工を行った。

■施工完了

破砕終了後ケーシングを残置。ケーシング内部の破砕土砂を錐の回転により排土しケーシング内を空にした。

①ケーシングとスクリューがセパレート(分離)でき、別々の上下動が出来る
②ケーシングのみを簡単に着脱出来る

ことから削孔後直ちに砂置換の作業に移行できる。

■砂投入状況

残置したケーシングに砂を投入。投入後ケーシングを回転引き抜きして砂置換を完了する。