工事実績

工事名称 某土砂置換工事
工事場所 大阪府大阪市
元請け 株式会社 大林組
工法 ヒルストーン砂置換工法 
概要 φ1500mm  13m 約70本


■ヒルストーン工法による砂置換工法

大口径削孔により所定深度まで削孔し、ケーシング内の土砂を排土した後、スクリューを撤去し置き換え砂を投入。その後ケーシングのみを撤去する置き換え工法。
ヒルストーンの特徴であるケーシングチャッキング機構によりスムーズなケーシングの分離・再結合が出来るため置き換え工法に抜群の速度を誇ります。

ケーシングセット状況

三点式杭打ち機 DH608
D150HP
CAM160VD
ヒルストーン特殊ケーシング

相判バックホー EX225 0.7m3式
        SK135USR 0.45m3式
  他

■削孔状況

削孔しCAMオーガ(ケーシングオーガ)前面の排土孔より土砂を排土しています。

■削孔完了

所定深度まで削孔を完了したところで、ケーシング内の既存土を全て撤去排土します。ここでは削孔を完了しケーシング内から土砂を排土していくところです。

■排土状況

ケーシングオーガのチャックを開放し、ケーシングを残地したまま管内の残土を排土します。ヒルストーン工法の特徴である油圧脱着によりケーシングを簡単に切り離しての施工と再接続が可能です。

 

 

■置き換え土砂投入

スクリュー排土が終わったらケーシング内へ土砂を投入します。ケーシングを再接続し引き抜けば置換の完了になります。